検索
ライブラリ
ログイン
フルスクリーンで見る
2 年前

✅ アイドルグループ・乃木坂46の4期生16人が6日、無観客生配信ライブ『乃木坂46 四期生ライブ2020』を開催した。初披露となった4期生の新曲「Out of the blue」など全23曲を約1

Allo Trends World News
Allo Trends World News
✅ アイドルグループ・乃木坂46の4期生16人が6日、無観客生配信ライブ『乃木坂46 四期生ライブ2020』を開催した。初披露となった4期生の新曲「Out of the blue」など全23曲を約1時間50分にわたって元気いっぱいにパフォーマンス。レーベルによると、チケットの売上枚数は4期生単独で東京ドームを埋められる6万1095枚。推定同時視聴者数は約18万人と公式発表された。 4期生は、2018年夏に行われた『坂道合同オーディション』(乃木坂46、欅坂46:現・櫻坂46、けやき坂46:現・日向坂46の3グループ合同/応募総数12万9182人)で合格し、同年11月末に乃木坂46に配属された11人と、坂道研修生としてレッスンを積んでから今年2月に配属された“新4期生”5人の、加入時期が異なる計16人で構成される。 先に加入した11人は、2019年5月に横浜アリーナで単独ライブを開催しているが、16人体制となってから初の4期生ライブは「君の名は希望」「命は美しい」「インフルエンサー」などシングルヒット曲からスタート。白石麻衣、生駒里奈、西野七瀬らのジャケット写真を特大ポスター化したセットを背にパフォーマンスし、遠藤さくらが4期生初のシングル表題曲センターに抜てきされた「夜明けまで強がらなくてもいい」まで6曲をハツラツと披露した。 新4期生5人は一人ひとり自己紹介し、林瑠奈は「リハーサルのときからみんなが丁寧に教えてくれて、その期間を経て仲良くなれた」と、先に加入した11人に感謝。弓木奈於は「感謝の気持ちを胸に持って、魂込めて一生懸命頑張ります」と気合いを入れ、黒見明香は「画面越しに温かく見守ってくださる皆さんと、11人のおかげでここに立つことができています。16人でよりパワーアップしたパフォーマンスを見せられるように頑張ります」と意気込み。佐藤璃果は「16人の4期生もいいなと少しでも思ってもらえるように、このライブを機にもっともっとパワーアップできたら」、松尾美佑は「画面を感じないくらい皆さんに楽しんでもらえるように頑張るので一緒に楽しんでください」と呼びかけた。 ユニットブロックの「孤独兄弟」では、本家の白石&橋本奈々未コンビ同様、北関東&北海道出身コンビの賀喜遥香(栃木出身)&金川紗耶(北海道出身)が披露し、ネットは大盛り上がり。白石&高山一実のユニット“WHITE HIGH”の「渋谷ブルース」は、柴田柚菜&弓木奈於の“しばゆみ”が歌い、アコースティックギターは“おかけ”こと掛橋沙耶香、“おつつ”こと筒井

他の動画を閲覧

他の動画を閲覧