検索
ライブラリ
ログイン
フルスクリーンで見る
3 年前

映画 [砂の女]

映画 Movie
映画 Movie
『砂の女』(すなのおんな)は、安部公房の書き下ろし長編小説。安部の代表的作品で、近代日本文学を代表する傑作の一つと見なされているだけでなく、海外でも評価が高い作品である。海辺の砂丘に昆虫採集にやって来た男が、女が一人住む砂穴の家に閉じ込められ、様々な手段で脱出を試みる物語。不思議な状況設定を写実的に表現しながら、砂の世界からの逃亡と失敗を繰り返していた男がやがて砂の生活に順応し、脱出の機会が訪れても逃げない姿に、市民社会の日常性や、そこに存在する人間の生命力の本質と真相が象徴的に描き出されている。

1962年(昭和37年)6月8日に新潮社より刊行され、翌年1963年1月23日、第14回(1962年度)読売文学賞を受賞。1964年(昭和39年)には、作者自身の脚本により勅使河原宏監督で映画化された。翻訳版は E. Dale Saunders 訳(英題: The Woman in the Dunes)をはじめ、チェコ語・フィンランド語・デンマーク語・ロシア語等の二十数か国語で翻訳され、1968年(昭和43年)1月18日にはフランスで1967年度最優秀外国文学賞(英語版)を受賞した



作者 安部公房
国 日本の旗 日本
言語 日本語
ジャンル 長編小説
発表形態 書き下ろし
刊行 新潮社 1962年6月8日
装幀:香月泰男
受賞 第14回(1962年度)読売文学賞
1967年度最優秀外国文学賞(英語版